読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

約束ノート

「自分への3つの約束」を果たすための修行ブログ。

約束ノート(339):20140712

今日接した人の言動から気づいた「その人のいいところ」

今日のいいところ:「幸せ」という言葉を使わずに幸せを表現できること

土日のFacebookのニュースフィードを見ていると、みんな幸せそうだなあとよく感じます。
家族のこと、旅行したこと、何かを飲み食いしたこと、お散歩したこと、テレビを見たこと、仕事をがんばっていること…などの日常を書いているだけなのですが、「幸せ」という単語が直接出てこなくてもそう思います。

週末は特に、幸せそうなオーラがあるように感じるのです。「その人がそれに対して幸せを感じている」ということが、なんとなく伝わる気がします。本人が幸せだと明確に感じていなくても、そのときの状況を共有したくなって自らの言葉で発信するから、そう感じるのかもしれません。
平日のニュースフィードは、ネット上のなにかのニュースに対するシェアをベースにしたものが圧倒的で、こういう「自分から自分のことをしゃべる」というのが少ない気がするので、余計なのかも。

自分の日常を言うことや、コメントのやりとりに対してうざいとか慣れ合いだとか思う人もいるようですが、私は土日のニュースフィードを見るのがとても好きです。それに対して「いいですね」とか「わかります!」とかコメントがつくのを見るのもとても好きです。

インターネット…特にSNSは、(情報共有よりも)人との交流のために存在していてほしいと個人的には思います。そのために、「自分が幸せだと感じたこと」がいつまでも素直に言える空気であってほしいと思います。
私がネットで人と交流を始めて25年経ちますが、なんかそういうことがだんだん薄れている気がして、少し怖い気がしています。